家族

2世帯住宅に親世代、子世代が一緒に住むことで、さまざまな相乗効果を得られるようだ。

これらの相乗効果は、普段の生活の中のさまざまな場面で感じることになるであろう。

子世代にとって、自分が親になって初めて分かる、両親のありがたさを再認識することになるので、親子の絆も深まるようだ。

2世帯住宅には日中は基本的に親世代が過ごすことになる。

子育て中のお母さんも、日中つねに親世代がいるわけだから、何かあっても安心して子育てができるだろう。

孤独になりがちな子育てについて、これほど強力なサポーターはいない。

また子供を預けて外出することも、2世帯住宅では気兼ねなくできるので、育児疲れを解消することも可能となるだろう。

2世帯住宅に住むことで親世代も介護の心配などをせずに、のんびり生活することができる。

生涯元気でいられることが一番だが、ちょっとした病気などで入院などをしても、献身的に介護してくれる子世代が側にいてくれることは心強いことだろう。

またかわいい孫とつねに一緒に生活できることで、気持ちに張り合いが出てくるともいえる。

2世帯住宅は親世代、子世代にとってお互いにメリットがあるものとなるだろう。

ただしこれもお互いが適度な距離感を保っていればこそ出来ることであり、お互いが干渉しすぎるのはちょっと問題だろう。

親夫婦と子夫婦にはきちんとしたプライバシーがあることも理解していかなければ、2世帯住宅での生活はなかなか上手くいかない。


メリット−安心感

2世帯住宅のメリットとしてはどんなものがあるだろうか?

資金面のほかに、孫の面倒を見てくれるとか、さまざまなメリットがあると思う。

いくら血のつながった親子だからといっても、メリットを感じることができなければ2世帯住宅での生活は難しいかもしれない。

2世帯住宅のメリットを紹介しておこう。


・2世帯住宅のメリット-安心感その1

2世帯住宅に親世代、子世代が住むことでお互いに安心感を得られるというメリットもあるだろう。

お互いに必要とされていると感じられることで、精神的に満たされた気持ちになることが出来る。

親世代にとっては、生活に張り合いが生まれて老化を防ぐこともできる。


・2世帯住宅のメリット-安心感その2

2世帯住宅に住むことで親世代、子世代ともに家事を分担したりすることで、家族の一体感が生まれるだろう。

また孫の遊び相手になったり、幼稚園の送り迎えに協力したりすることで孫の成長を間近に見られるので、とても満足感がある。

かわいい孫が刺激になるので、親世代も自然と元気になると思う。


・2世帯住宅のメリット-安心感その3

2世帯住宅に親世代と住むことで、子供や孫はさまざまな経験や知識を吸収することが出来る。

子育てや料理の知識はもちろんですが、自分が親になってはじめて分かる両親の考え方なども出てくると思う。




http://www.kisspk.com/blog/2014/05/09/%E9%AB%AA%E3%81%AE%E6%AF%9B%E3%81%A8%E6%AF%9B%E6%A0%B9%E3%81%AE%E7%8A%B6%E6%85%8B/

メリット−緊急の時に助かる

2世帯住宅のメリットとしてはどんなものがあるだろうか?

資金面のほかに、孫の面倒を見てくれるとか、さまざまなメリットがあると思う。

いくら血のつながった親子だからといっても、メリットを感じることができなければ2世帯住宅での生活は難しいかもしれない。

2世帯住宅のメリットを紹介しておこう。


・2世帯住宅のメリット-緊急の時その1

2世帯住宅に住んでいると、緊急な出来事、例えば病気や怪我などに見舞われても、身内が一緒に住んでいるので、安心して家を空けることができる。

また子供が急に熱を出してしまったときなどにも、経験豊富な母親の存在はとてもありがたく感じるはずだ。


・2世帯住宅のメリット-緊急の時その2

2世帯住宅で同居している親世代は急な子供の病気などのときはほんとうに助かる。

今までの経験から冷静に対応してくれますので、経験の浅い子供世代にとっては本当にありがたい存在なのだ。

また上の子が入院しなくてはいけなくなった時などには、下の子の面倒を診てもらうことができるので、これも非常に助かることだ。


・2世帯住宅のメリット-緊急の時その3

2世帯住宅に住むことは、親世代にとってもメリットがいっぱいなのだ。

例えば定年後の長期旅行に行くときでも、家には子供夫婦がいるので防犯面などからも安心だ。

また高齢者には大変なちょっとした作業でも、子供世代がいることで助けてもらうこともできる。



http://www.defensedafficher.org/2014/04/28/%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%A7%E7%AC%91%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BD%97%EF%BD%97%EF%BD%97/

メリット−費用や資金面

2世帯住宅のメリットとしてはどんなものがあるのだろうか?

資金面のほかに、孫の面倒を見てくれるとか、さまざまなメリットがあると思う。

いくら血のつながった親子だからといっても、メリットを感じることができなければ2世帯住宅での生活は難しいかもしれない。

2世帯住宅のメリットを紹介しよう。


・2世帯住宅のメリット-資金面その1

2世帯住宅を建てる場合、ほとんどが親が住んでいる家が老朽化してきたために建て替えしようと考えて2世帯住宅にするケースだと思う。

子供世代が仕事に便利な都心にマイホームを購入することは、非常に難しいことだろう。

本当に自分たちでマイホームを購入するとなると、通勤に不便な郊外で見つけなければならない。


・2世帯住宅のメリット-資金面その2

2世帯住宅を親世代の土地に建てるということは、それだけで土地の購入費用をうかせることもできる。

もし親世代に2世帯住宅を建てるだけの資金がなかったとしても、子供世代がマイホーム購入のための資金があれば、十分に購入は可能だろう。

土地購入分の費用を2世帯住宅建設に回すことができれば、それほど負担なく建てることができる。


・2世帯住宅のメリット-資金面その3

2世帯住宅に同居することで得られるものは他にもある。

2世帯住宅で一緒に住むことによって、経済的な負担を減らすこともできる。

これは2世帯で共有して使うスペースなどの費用や、日常の生活費などを分担することができる。

これにより随分と経済的にも余裕ができるということだ。


http://www.tatlimekan.net/2014/04/12/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%9C%9F%E9%99%90/

2世帯住宅について

2世帯住宅を考えている家庭も多いのではないだろうか。

現在の日本は今だかつて経験したことのない高齢化社会を迎えようとしている。

現在親が元気だとしても、近い将来介護が必要になるときがくるかもしれない。

親の介護の問題もあり、近頃では2世帯住宅を考えている人が増えてきているようだ。

2世帯住宅を建てることで、さまざまなメリットやデメリットが生まれてくる。

2世帯住宅は、通常の住宅よりも建物価格が高くなっている。

もちろん建物の大きさも通常の建物に比べたら大きくなるので、土地も広めのものが必要になってくる。

しかし親と一緒に住むことで、資金面の負担も軽減されてくる。

2世帯住宅は通常の住宅よりも価格が高いために、各住宅メーカーは注文獲得に非常に熱心になっている。

住宅展示場などに行っても、展示してある建物のほとんどは2世帯住宅ということもめずらしくない昨今だ。

2世帯住宅は現在のライフスタイルにマッチしたものといえるだろう。

2世帯住宅を選択することは、親・子供それぞれの立場の違いから、さまざまな問題点も含んではいる。

2世帯住宅特有の問題点を洗い出すことで、これから2世帯住宅を検討するうえでのヒントにするといいと思う。

まずは2世帯住宅のメリットとデメリットを把握することが大切なのではないだろうか。


http://www.emarketcd.com/%E5%85%89%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%88/